読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚嬢 -konjo-

早く結婚したいけど相手がいない、出会いがない、婚活が上手くいかない、彼氏と早く幸せになりたい…結婚したい症候群なのに結婚できない女性が後悔せずに婚活を成功させるために必要な情報を発信します!

MENU

アイドルを一度も好きになったことがない私は不幸なのかもしれない

スポンサーリンク

 

アイドルに熱狂できる人が正直うらやましい

どーも、名瀬なのかと申します。婚活について書いてきたこのブログ、今年はじめての投稿となります。

 

年末はバタバタしていて、婚活に真剣に取り組む暇もなく、ましてやそのことをブログに綴るなんて暇はもっとなく、放置気味だったのですが、新しい年になったからか不思議と婚活への意欲が湧いてきた次第です。

 

んで、ひさしぶりにブログでも書こうかなーと、はてなブログを覗いているとKinKi Kidsのコンサートについてのエントリーがずらり。

 

キンキ好きな人、はてなブログにそんなに多いんだ!ということをまったく知らなかったので、ちょっと驚きでした。

 

で、同時に思ったのが「私ってアイドルに恋したことってないな…」

 

芸能人を見てカッコいいと思ったりすることはあるけど、誰かを真剣に好きになってハマってしまったという経験がいままで一度もありません。

 

友達が嵐のコンサートチケットを取るためにオークションで何万円もするものを買っているのを聞いたりすると心のどこかで正規の値段の何倍も払うのはもったいないなーと思ったり、テレビやネットでAKBの総選挙で何百万も使っているおじさんを見ると悲しくなったりもしていて、よーするに私からすると信じられないのです。

 

ただ、同時に「恋する対象がいる」っていうことが、ものすごーくうらやましい。

 

これはアイドルだけじゃなくて、たとえば熱狂的な浦和レッズのファンだとか、韓流ドラマにはまって韓国まで行っちゃったとか、とにかくラーメンが好きで食べ歩いているとか、そーいう何かのファンになった経験が私にはない。

 

そして、本当はそうなりたい自分がいたりします。

 

大人の流儀

 

ちなみに母親はマッチの大ファン。アイドル好きは遺伝しないらしい。

 

好きな芸能人は誰?という質問が怖い

あと、こうしてアイドルを一度も好きになったことがない私が困るのが、「好きな芸能人は?」という質問。これがパッと出てこない。

 

考えれば好きな人はいるのだけど、いつも「うーん」となってしまう。

 

こないだなんて、慌てて答えたから「サンドウィッチマン」と言ってしまった。

 

あ、お笑いは好きだ。

 

でも、追っかけとかはしたことがない。芸人に恋をするとかじゃなくて、単純にお笑いが好きなだけなのです。

 

そう思うと、これだけ女性も男性もアイドル全盛の時代、一度も恋したことがない私はもしかすると不幸なのかもしれません。

 

叶わぬ恋より、身近な婚活

 

ということを思っていたけど、結局はどっち付かず。結婚をしながらEXILEを追いかけている友達がうらやましい(いや、うらやましくはないか)

 

結局は何かに熱狂的になれない自分が、これまで結婚できないということにむすびついている気もします。

 

 

…といいながらも、年が明けて2016年、今年こそ婚活を成功させようと私は前向きにがんばっていこうと思っております、ハイ!