読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚嬢 -konjo-

早く結婚したいけど相手がいない、出会いがない、婚活が上手くいかない、彼氏と早く幸せになりたい…結婚したい症候群なのに結婚できない女性が後悔せずに婚活を成功させるために必要な情報を発信します!

MENU

30代にとっての1995年のオリコンランキングは今でも「しっくり」くる

スポンサーリンク

20年前から30代にとってのJ-POPは変わっていない?

もはやCD売り上げというものが意味をなさなくなってしまったことは散々いろんな方が意見されていると思いますが、やっぱりこうした売り上げランキングに自分が聴いた曲がひとつも入ってこないのは、ちょっぴり寂しかったりします。

 

2015年シングル売り上げランキング

1位 僕たちは戦わない AKB48

2位 ハロウィン・ナイト AKB48

3位 Green Flash AKB48

4位 唇にBe My Baby AKB48

5位  コケティッシュ渋滞中 SKE48

6位  今、話したい誰かがいる 乃木坂46

7位 太陽ノック 乃木坂46

8位 命は美しい 乃木坂46

9位 青空の下、キミのとなり 嵐

10位  Don’t look back! NMB48

 

うーん、別にAKBグループは可愛いし別に良いんだけど、学生の頃に必死になってオリコンランキングを追いかけていた(CDTVを毎週遅くまで観たり、ラジオのヒットチャートランキングを録音したり)ことを思い出すと、いまの若い子たちはそういったことはしていないのかなーと寂しく思ったり。

 

いやいや音楽はダウンロードの時代だから、ホントに売れているのは三代目JsoulbrothersやSEKAI NO OWARI、西野カナちゃんだよ!と言われても、わかってはいるのですが、やっぱり若い頃にそまってしまった「オリコンランキング脳」のせいで、納得しようと思っても、やっぱり違和感が。

 

で、若い頃のランキングってどんな感じだったっけと思って20年前の1995年のランキングを見返してみたら、なんだかこっちのランキングのほうが今でも私にとってすごく「しっくり」くるのです。

 

1995年(20年前)のシングル売り上げランキング

1位 235.1万  LOVE LOVE LOVE DREAMS COME TRUE

LOVE LOVE LOVE

 

2位 210.3万枚  WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント H Jungle With t

WOW WAR TONIGHT?時には起こせよムーヴメント

 

3位 187.0万枚 HELLO  福山雅治 

HELLO

 

4位 183.5 万枚 Tomorrow never knows  Mr.Children 

TOMORROW NEVER KNOWS

 

5位 179.2万枚  シーソー・ゲーム~勇敢な恋の歌~  Mr.Children  

シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~

 

6位 173.5万枚  Hello,Again~昔からある場所~ MY LITTLE LOVER 

 

Hello,Again~昔からある場所~

 

7位 171.6万枚  奇跡の地球(ほし)  桑田佳祐&Mr.Children  

奇跡の地球

 

8位 166.5万枚 TOMORROW   岡本真夜 

TOMORROW

 

9位 159.4万枚 ロビンソン  スピッツ 

ロビンソン

 

10位 158.8万枚  LOVE PHANTOM   B'z 

LOVE PHANTOM

 

まだCDが8センチでジャケットが長方形だった時代、だいぶ昔のことのように感じるけど、アーティストも曲も、まだ私たち30代にとってはあまり「懐かしくない」気がします。現在進行形で聴いていたり、カラオケで歌っている曲だったり。

 

一方で、小さい頃、父親や母親が昔の曲をくちずさんでいると、すごく「昔の人だなー」と思っていたのだけど、自分もそうなってしまっているのかという嫌な感じもあったりしちゃいます。

 

なんだかとりとめのない話になってしまったけど、ようするに30代の私にとっては、ドリカムやミスチル、B'z、福山が新曲がランキングすることが「正義」になってしまっているんだなーと。浜ちゃんがCD出したなら、浜田ばみゅばみゅも大ヒットしてほしいのです。

 

そうじゃないことに違和感を持ってしまっている自分は、やっぱりオバちゃんになってしまったのだろう。