婚嬢 -konjo-

早く結婚したいけど相手がいない、出会いがない、婚活が上手くいかない、彼氏と早く幸せになりたい…結婚したい症候群なのに結婚できない女性が後悔せずに婚活を成功させるために必要な情報を発信します!

MENU

婚活にも「ただし、20代女子に限る」というのがあるよね。

山本耕史の手紙攻撃、逆の立場だったら?

堀北真希のと山本耕史の電撃結婚は衝撃でしたが、それ以上に驚きだったのが山本耕史による「40通にもおよぶ手紙攻撃」。よくよく考えるとストーカーすれすれの行為ながら、ネットでは「“ただしイケメンに限る”が証明された」なんて盛り上がっています。

 

「そもそも山本ってイケメンか?」なんて声もありますが、実際にホマキをゲットしたわけなのですから、この猛アタックは素晴らしい行動だったわけです。

 

ちなみに、もしも逆の立場、女性の堀北真希の側から山本耕史に40通もの手紙を送っていたとしたら…

 

「なんてけなげなの?」

「純愛ってこういうことでは!」

 

なんて賞賛があったのではないかと思います。

 

けっ、結局は顔かよ!

 

と勝手な想像をしといて、思わず悪態をついてしましたが、本当にそうでしょうか。もしも、付き合ってもいないけど可愛いらしい女性から40通もの手紙をもらったら、男性はどう感じるか?

 

まー、人によるでしょうし、その人との関係性にもよると思います。可愛いけど自分のタイプじゃなかったら、うざいと感じるかもしれないし。

 

しかし、これだけは言えるでしょう。

 

アラサー、アラフォー女性が40通も手紙を送ったら、まちがいなく

 

「こいつ焦っているな」

 

と思われるだろう、と。

  

婚活には「ただし、20代女子に限る」が存在する

f:id:naze7000nanoka:20150714200935p:plain

 

20代だったら許されていたこと、自然に出来ていたことが、私のようなアラサー、そしてアラフォーになるとできなくなってしまうのは、婚活シーンにおいてたくさんあります。

 

その一つが、手紙40通は大げさですが、「がっつく」という行為。

 

たとえ本人が意図しなくても、「最終的には、早く結婚したいんでしょ?」と思われてしまう。いや、“思われてしまう”というより、“思われているんじゃないか?”と不安を感じてしまう。自分は「必死」に映ってしまっていないか、つねに心配がつきまといます。そして、自分にブレーキをかけてしまう。

 

これまでは恋愛に一生懸命なことは自分にとって正しいことでした。でも、婚活中のアラサー、アラフォー女性にとって、一生懸命は時としてマイナスにも映ります。

 

「じゃあ、がんばってはいけないの?」

 

「でも、がんばらないと結婚できないよ」

 

こうしたジレンマに陥ってしまうのは、きっと私だけではないはず。

 

ただ、あれこれと悩んで私が出した答えは…

 

「どうせ一度の人生、びくびくしながら恋愛にブレーキをかけたらつまらない!」

 

さすがに40通の手紙は難しいですが、本当に大切なのは「相手に好きだ」という気持ちを伝えること。これがなくては、恋愛ははじまらないし、結婚にもつながらない。

 

たとえ、いくつになろうと「好き!」という気持ちは「必死に」「一生懸命に」伝えていくべきです!

 

…と、早く結婚したい私は今日も自分に言い聞かせています。