読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚嬢 -konjo-

早く結婚したいけど相手がいない、出会いがない、婚活が上手くいかない、彼氏と早く幸せになりたい…結婚したい症候群なのに結婚できない女性が後悔せずに婚活を成功させるために必要な情報を発信します!

MENU

23歳33歳43歳は結婚のターニングポイント

スポンサーリンク

結婚について考える3の年齢

今の世の中、晩婚化も進んでいるため、結婚適齢期は一概に「何歳」ということは言えないのが実情ではないでしょうか。結婚や婚活にまつわる書籍や、生活調査に関する資料であれこれとデータを探ってみても、実際に私たちのまわりの現状とはそぐわない答えしか見当たりません。

 

しかし、あれこれと探る中で、いくつかの資料で共通することがありました。それは結婚のターニングポイントとして、23歳、33歳、そして43歳が非常に重要であること。この3の歳に、女性は結婚について考えるといいます。

 

23歳、33歳、43歳。この3つのターニングポイントは、早く結婚したいと婚活している女性にとってぜひとも意識してほしい年齢なのです。

 

23歳で女性は結婚を「潜在的」に意識しはじめる

f:id:naze7000nanoka:20150726202425p:plain

 

多くの女性が23歳、つまり社会人になると結婚を意識しはじめます。人によっては、24歳、25歳かもしれませんし、まだ結婚は早いという人も一方でたくさんいます。これは「潜在的に意識する」という意味です。

 

たしかに高校生や大学生の時、「彼と結婚したい」と思うことはあっても、いまいち現実的ではありません。でも、社会人になると、心のどこかで「この人とずっと付き合っていって、いずれは結婚するのかな」と潜在的に意識するのです。23歳という年齢は、はじめて「結婚」の二文字が現実味を帯びていく1つ目のターニングポイントとなります。

 

20代で結婚を考えているなら、まずは出会いを増やすこと。そしてその中から本当のパートナーとなる人を見つけ出すことが必要ではないでしょうか。

33歳は女性にとって「結婚を焦る」年齢

そして、33歳。これは結婚を本格的に焦る年齢です。多くの女性は30歳までに結婚したいと思っています。なので29歳まではものすごく結婚願望が高い。でも、20代で結婚できず、30歳になると、いったん結婚願望が薄れます。「30歳までに結婚」というゴールをいったん逃してしまったことで、張りつめていた結婚願望がゆるみ、「少し休憩しようかな」と意識するようになるのです。だからこのころは積極的に婚活も一休みする人は多いと思います。

 

しかし、そんな一休みからしばらく経ち、33歳になるころ「やばい、このままじゃ結婚できないかも」とようやく焦り始めるのです。次のデッドラインは35歳。この2年間で必ず結婚しなくちゃと本格的に婚活する年齢が33歳なのです。子供がほしいと考えた際にも、高齢出産を避けたいという意味でも、この年齢で結婚しておきたいと思うようになります。

 

30代で結婚を考えているなら、そうとう真剣に、それこそ結婚相談所や婚活パーティーに参加すること。これがないとはじまりません。もちろんすでに彼氏がいたり、出会いが豊富ならば問題ないかもしれません。しかし、ホンキで考えた場合、行動に起こさない限り、結婚というゴールには向かわないのです。いまどきは結婚相談所や婚活パーティーを利用することはあたりまえになっているので、ハードルは低くありませんし、費用もそこまでかからないものも増えています。とにかく行動!これが30代の婚活のスタンスなのです。 

結婚相談所並みのサービスを婚活サイト価格で提供します。

そして、43歳で女性は結婚を…

では、43歳は結婚のどんなターニングポイントなのでしょうか。それは「結婚をあきらめる」年齢です。一人で生きていくほうが楽しい、結婚は私の人生には必要ない。結婚という者に対して、見切りをつけはじめる年齢。それが43歳なのです。

 

もちろん、これはあくまで目安なので、43歳以上でも婚活をがんばる女性はたくさんいますし、こうして晩婚化が進んでいる現在、決して43歳からは結婚できないわけではありません。しかも、40代での結婚を考えているなら、いまの時代は少し気が楽だといえるでしょう。晩婚化や婚活女性の急増によって、結婚相談所のようなサービスも増えています。ただし、多くの女性にとって、43歳は結婚の「最後のターニングポイント」なのです。

 

早く結婚したい女性は23歳、33歳、43歳のターニングポイントを意識することが重要

早く結婚したいと考えている女性ならば、この3つのターニングポイントについて、しっかりと考えてみることが大切だと思います。

 

23歳以下の若い女性ならば、23歳になったとき、「潜在的」ではなく、しっかりと結婚を意識して男性とおつきあいをすること。20代後半ならば、いったん30歳までに結婚できなかったとしても33歳まで先延ばしにせず、早めに婚活をスタートさせること。そして、アラフォー女性であれば、43歳というもしかすると結婚を諦めてしまう自分になるかもしれない年齢までに、なんとか結婚をつかみ取ること!

 

かならずしもすべての人に当てはまる法則のようなものではありませんが、23歳、33歳、43歳の結婚ターニングポイントを把握することは、ほんのわずかかもしれませんが婚活の手助けとなってくれるはずです。

スポンサーリンク

 

早く結婚したい女性に読んでほしい記事一覧