婚嬢 -konjo-

早く結婚したいけど相手がいない、出会いがない、婚活が上手くいかない、彼氏と早く幸せになりたい…結婚したい症候群なのに結婚できない女性が後悔せずに婚活を成功させるために必要な情報を発信します!

MENU

婚活女子が自衛隊員と出会うには?おすすめの3ステップ

今、自衛隊と結婚したいと願う女性が増えている理由

最近、婚活女性のなかで「自衛隊との結婚」がひとつのブームとなっています。国を守る自衛隊という仕事は、当然危険もともないますが、それでも結婚したい理由は何なのか?

 

自衛隊との結婚するメリットは、人にもよりますが、けっこうたくさんあります。代表的なものをあげてみると

 

  • 自衛隊も公務員なので収入が安定している
  • 自衛隊員は家を空けることが多いので、自分の自由な時間が作れる
  • 相手も出会いが少ないので、自衛隊員には婚活に積極的な人が多い
  • 専業主婦になれる

 

これらの理由で、今、自衛隊員と結婚したい婚活女性が増えています。もちろんデメリットとして「転勤が多い」「危険を伴う仕事」などもありますが、それ以上に自衛隊という職業は、婚活女性にとって魅力的なのでしょう。

 

ただし、肝心なのは自衛隊とどうやって知り合うのか。だって、まわりに自衛隊員をやってる人がいるなんてケース、あまりないですよね。

 

しかし、最近の自衛隊モテブームを象徴してか、婚活女性にうれしいサービスが増えているんです。

 

婚活女子が自衛隊男子と知り合う方法その1 

f:id:naze7000nanoka:20150714200717p:plain

自衛隊との知り合いたいという場合に有効な方法は3つあります。

 

まずひとつはいたってシンプル。まわりの知り合いに「自衛隊と結婚したい」と宣言。紹介してもらうという方法です。さすがに「私、公務員と結婚したい」というと、たんなる安定志向な女と見られてしまいますが、「自衛隊との場合であれば、「たくましい男性が好き」だったり、「人のためになる仕事をしているから」みたいな言い訳ができます(本当は安定を求めていたとしても)。

 

しかも自衛隊男子も出会いを求めているケースが多いので、もしも周りにつながりがあれば、案外うまくいくというケースは多いようです。

 

婚活女子が自衛隊男子と知り合う方法その2

とはいえ、なかなか周りにツテがない人も多いはず。そこで最近、話題になっている裏技を紹介します。それは雑誌「MAMOR」編集部にハガキを出して、掲載されている自衛隊員に渡してもらうこと。

 

MAMOR(マモル)2015年9月号

MAMOR(マモル)2015年9月号

 

 

こちらの雑誌が今、婚活女子からの人気もあってすごく売れているそうで、その理由が連載「マモルの婚活」。結婚したい独身自衛隊男性が紹介されているのですが、結婚についてや自身のプロフィールについていろいろと載せていて、それに対して読者がハガキを編集部宛てに送った結果、編集部から自衛隊員へと取り次ぎ、実際におつきあいすることになったそうです。

 

昔でいうファンレターに近い感覚ですが、実際にお付き合いにつながった成功例もあることから、けっこう真剣に送っている女性は多いみたいですよ。

婚活女子が自衛隊男子と知り合う方法その3

今や自衛隊は婚活女子にとってモテモテ。様々な婚活サービスや、自衛隊と知り合うマッチングサービスが誕生しています。

 

たとえば、自衛隊とのマッチングサービスとして有名なのが【自衛隊ブライダル】 。こちらは30代40代男性の自衛隊員限定の結婚相手紹介サービスで、本気で早く結婚したい女性にとってはかなりうれしい特典も。毎月スマホでお相手男性を5名紹介してくれます。

【自衛隊ブライダル】

 

また、20代自衛隊員や防衛大生限定としたものもあって、男性自衛隊員との出会いと結婚を目的とした唯一の会員制クラブ【自衛隊プレミアムクラブ】 も注目です。単なるお見合いだけでなく、リアルイベントとしてパーティーや食事会はもちろん、スポーツやアウトドアイベントが開催されることも。普段から鍛えている自衛隊男子と一緒にスポーツやアウトドアを楽しんだら、さらに早く結婚したい!いう想いが加速しそうです。

【自衛隊プレミアムクラブ】

 

 

というわけで、婚活女性が自衛隊員と知り合うための3つのステップについて書いてみました。結婚相手を職業で選ぶのはどうなのか、という声もあるかもしれません。しかし、せっかくこうして自分にとってメリットとなるサービスがたくさんある中、婚活を成功させたいのなら使わない手はない!もしもそこで自分とピッタリな人と知り合えるのであれば何も問題ないのではないでしょうか。まずは動いてみる!それが早く結婚したい女性には大切なのです!

 

…と、早く結婚したい私は今日も自分に言い聞かせています。